徹底した感染対策

HOME当院が選ばれる6つの理由>徹底した感染対策

徹底したこだわりの感染対策 インプラント編

安心、安全の医療を行っていくに当たり、滅菌対策はとても大切にするべきことだと考えています。

世界最高基準の「クラスB滅菌器」

インプラントオペにて、削ったりすることに使用するタービン、ドリルで骨に穴をあけることに使用するエンジンヘッドなどはクアトロケアにて、内部の洗浄、オイルの注入してから、ほかにも手術の使用する数々の外科器具は、すべてインプラントオペごとに、世界で最も厳しいヨーロッパ基準である、クラスBのオートクレーブにて、完全滅菌を行い、現在の滅菌技術ではこれ以上はないという高レベルの滅菌をおこなっています。

高圧蒸気滅菌器

クラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)は、
あらゆる種類の被滅菌物に対応するプレポストバキューム方式の高機能滅菌器であり、滅菌のクオリティーは、 ヨーロッパ基準のクラスBの時代へ移行しようとしています。クラスBのオートクレーブは、徹底的に空気除去により真空状態にし滅菌を行うことにより、複雑な形状、さまざまな種類の器材を滅菌可能となります。

クラスBとは
クラスN
・包装がされていない固形器具のみ滅菌が可能。
・滅菌後はすぐに使用(保管は不可)。
・袋詰めされた器具や複雑な構造をもった器具の滅菌を100%行うことは
 できません。(いまだに多くの歯科医院がこのタイプの滅菌器を使用)
クラスS
・メーカーが指定した特定の器具の滅菌に使用することが可能。
クラスB
・大型滅菌器の規格に準拠。
・すべての種類の器具を滅菌することが可能。
 (患者さんのために感染・予防・安全をしっかり考えた歯科医院で使用。
 今後このクラスの滅菌器が世界基準になると言われています。)

洗浄・滅菌・メンテナンス手順

超音波洗浄機で洗浄します

血液がついたものは溶解剤を入れたケースにつけて、しっかりと血液を落とします。その後、洗剤で洗い、強力な超音波洗浄機にかけ、洗浄します。
予め汚れを綺麗に落としておくことで細菌等を完全に死滅させることができます。

切削器具も専用の機械で内部まで洗浄します

複雑な構造で分解のできない全ての切削器具の内部・外部も、一人の患者さまに使用する度に、洗浄・注油・滅菌しております。唾液や血液を完全に除去し、滅菌された状態の器具を使用することは、治療の精度を高めることにもつながります。

滅菌前に器具を個装します

全ての洗浄が終わったら、器具を1セットずつ、使い捨ての専用パックに個装します。
個装が終わったら、パックごと滅菌器にかけます。

クラスB滅菌器に入れ完全滅菌します

個装したパックをクラスBのオートクレーブと呼ばれる滅菌器に入れ、滅菌をします。
高い圧力と高温で、全ての細菌・ウィルスを完全に死滅させ、使用するまで、開封することなく無菌状態のまま保管できます。

グレードの高い完全滅菌されたグローブを使用
多くのインプラント治療を行う歯科医院では、患者ごとに、スタンダードなグローブを使い捨てにてしようしていると言われています。しかし当院では、インプラント手術に使用するグローブは、多くの種類のグローブの中でも、品質の高い特にグレードの高い完全滅菌されたグローブを使用、しかも確認のためのCT撮影時などでオペが中断した場合にも、そのグローブは破棄するため、1回のオペにも何セットものグローブを術者、助手共に、使用しています。
完全滅菌された環境でのインプラントオペ
インプラントオペには、術者、第一助手は完全滅菌されたディスポ(使い捨て)の白衣を着て、手術用のテーブルにも完全滅菌されたディスポの布をかけた状態で行い、それ以外にも必ず、滅菌された器具は、清潔な状態で準備しておきます。
第二助手もインプラントオペに常時付き、必要な器具、材料を準備したり、CTを撮影したり、モニターを操作したりと、滅菌と非滅菌を完全に分けることに、しっかりとした感染対策を行い、清潔な高いレベルで滅菌された状態を作っています。

感染防止の為の準備手順

3人以上で手術に当たります。

  • 無菌状態の手術用具
  • 中身に触れないように開封
  • 無菌のまま取り出し可能
  • 執刀医(完全清潔:無菌)
  • 手術第一助手(完全清潔:無菌)
  • 手術第二助手(執刀医の外まわりの補助)

確実に衛生管理を行う為にはスタッフの協力が不可欠になります。
当院ではベテランのスタッフが手術に当たります。
無菌状態の手術用具の外袋には若干の細菌が付着しています。その為、執刀医と手術第一助手は触れる事が許されません。第二助手が袋の中身に触れないように開封し、執刀医に渡します。

オペ室の清掃・消毒

前日より、しっかりとオペ室を、清掃、消毒を行い、オペ当日の朝に、ディスポの布をテーブル上に敷いたり、器材をディスポの完全滅菌されたもので覆い、万全の状態にしてから、インプラントのオペに臨みます。

使い捨ての器具

注射針、麻酔液、紙コップ、メスの刃などを、ディスポ(使い捨て)するだけでなく、埋入する予定のインプラントのフィクスチャ―などが、非滅菌のものに触れた場合にも、そのフィクスチャ―はすぐに破棄します。

こういった滅菌に対する当院のこだわりの積み重ねが、結果として、今日のインプラント治療における良好な結果に繋がっていると自負しています。
インプラント治療が選ばれる6つの理由
  • 痛みと腫の少ないインプラント治療
  • CTを駆使した的確な診断
  • 高品質な器材・材料の使用
  • オペ室の完備
  • 圧倒的な症例数と実績
  • 徹底した感染対策
tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • ただこし歯科クリニックのインプラント治療が選ばれる6つの理由。
  • インプラント治療が不安な方へ
  • インプラント治療を他院で断られた方へ
ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
24時間オンライン予約