外側骨添加と内側骨添加どっちがいいの?

インプラントの治療には様々な工程が存在するので、多治見市の歯医者でも患者の個々のケースによって様々なアプローチが行われます。これは個々人で骨格の形状や骨の厚みや量などのコンディションが異なるためですが、場合によってはインプラント手術を行う前に、骨の移植手術などさらに大掛かりな外科手術が一つ追加されるケースも多々有ります。そのため多治見市の歯医者で見てみても、インプラントの治療期間には1年から2年程度と平均にもかなりバラつきがあるのですが、骨の環境を事前に整えておくという事は、骨吸収やインプラントの寿命を考えると必須となるので、多くのクリニックで厳格に行われています。

そうした中、多治見市の歯医者でも骨の環境を整える手法には様々なものがありますが、大きく外側骨添加と内側骨添加のどちらがいいのか迷われている方も多いと思います。ここではそうした方々のために外側骨添加と内側骨添加の特徴について、多治見市の歯医者での一般的な施術の流れを元に見て行きましょう。

外側骨添加や内側骨添加という言葉がありますが、大きく概念を申し上げると骨補填剤を施術箇所に挿入し、骨の形成を促すということです。インプラント体を骨に埋め込むためには、十分な骨の厚みと量が必須となりますが、先天的な骨格の異常や後天的な骨の減少など様々なケースで十分でない場合が多々あります。これは珍しい症例という訳ではなく、多治見市の歯医者でも中年層から高齢者まで比較的広範囲で見られるのですが、こうした場合には骨補填剤と呼ばれる人工の骨を使用して骨の厚みを再現します。

この骨補填剤には人工の骨素材から自家骨と呼ばれる自分の骨を使用する方法など様々なものがあるのですが、さらに手術を行う箇所を分けたものが先ほどの外側骨添加や内側骨添加になります。

外側骨添加の代表的な手法にサイナスリフトと呼ばれるものがありますが、これは上顎洞という箇所の外側から小さな穴を空け、骨補填剤を入れるというものです。一方多治見市の歯医者でもよく行われる内側骨添加の代表的なものにGBR法というものがあります。これはメンブレンと呼ばれる特殊な膜を内側から覆い、その箇所に先ほどと同じく骨補填剤を入れて骨の形成を促すというものです。

これらは全く反対のアプローチを行いますが、骨の形成を促しインプラント手術が可能な環境を作るという点では同じです。多治見市の歯医者ではどちらの手法も同様に行われていますが、患者ごとの骨格の形状や感染症のリスクの大小など様々な点を考慮して選択されるので、どちらが優れた手法かを一概に言えるものではありません。

しかし、どちらも多治見市の歯医者だけでなく全国で一般的に行われるものなので、事前に検査を受けた上で主治医と相談し方針を決定して下さい。