充実のメンテナンスシステム

HOME>充実のメンテナンスシステム

インプラント治療は、インプラントを埋入して
上部構造ができたらおしまい…
というわけではありません。

自然の歯でもそうであるように、インプラントによる人工の歯も手入れをしていかないと長持ちは期待できません。

インプラントそのものは金属であるため、むし歯になることはありません。しかしながら清掃不良によりインプラント周囲の組織の炎症がひどくなると、インプラント周囲炎と呼ばれる非常に治りにくい厄介な状態になります。
ですからせっかくお金をかけて(決して安い買い物ではないと思います)、痛い思いもして手に入れたお口の中ですからできることならば長持ちさせていただきたい…と、私たちは考えています。

インプラントを長持ちさせるには

インプラントを長持ちさせるには
正しいブラッシングが大切です。

天然の歯に比べて歯根が細く、歯周ポケットもやや大きいので汚れもたまりやすくなっており、ブラッシングは念入りに行う必要があります。清潔に保たれていない場合、インプラント周囲炎を起こすことがあります。
これは、歯周病(歯槽膿漏)に似た症状で、進行すると歯槽骨が吸収されていきます。歯周病と同様に痛みや腫れなどの自覚症状を伴わないので、定期検診により早期発見をすることが大切です。「磨いている」と「磨けている」とでは違うのです。毎日ブラッシングしているつもりでも、それが自己流になってしまっていて磨けていない部分がある場合があります。

歯科衛生士の正しい指導のもと、正しいブラッシングの方法を身につけ、末永くインプラントを長持ちさせていきましょう。インプラントは天然歯と構造が違います。天然歯よりも細菌を防御する力が弱いため、天然歯と同じケアでは長持ちさせることができません。
当院の歯科衛生士は瓦解、セミナー、症例検討会などによりインプラントによる知識やスキルを積んでいます。インプラントのメンテナンスも安心してお任せください。

メンテナンスシステム

術前、術後の歯周病ケア(口腔内の管理)

インプラントも歯周病になることがあります(インプラント周囲炎)。術前、術後に、インプラントメンテナンスシステムに沿ってしっかりとお口の中のコントロールをしていきます。
埋入後(術後)の管理次第で、インプラントの持ちも変わります。

インプラントメンテナンスの流れ

メンテナンス

まず、口の中の状態を見てインプラント周囲の歯肉の状態、腫れの有無、出血の有無、かぶせの破折の有無など確認します。

次に、指または器具で粘膜を圧迫して膿が出てないかを診ます。

プローブという歯茎の深さを測定する細い器具でインプラントの土台と粘膜との間を探り、炎症がないか、またその深さの度合を検査します(歯周ポケットの測定)。

また、過剰な力が加わるとインプラント体を支えている周囲の骨に負担がかかったり、かぶせの破折の原因となるため咬み合わせの確認も必要です。

必要に応じてドクターによる咬み合わせの調整を行います。インプラント体を支える骨に問題がないかを確認するために定期的にレントゲン撮影を行います。

定期的にペリオテスターとよばれるインプラントと骨がしっかりくっついているかを調べる機械でインプラントの動揺度から状態を確認します。

※破折=欠けやヒビなどの損傷

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • ただこし歯科クリニックのインプラント治療が選ばれる6つの理由。
  • インプラント治療が不安な方へ
  • インプラント治療を他院で断られた方へ
ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
24時間オンライン予約