CTを駆使した診断

HOME当院が選ばれる6つの理由>CTを駆使した診断

今まで見えなかったものが、3次元で、精密に見えてきます。
インプラント治療を、より安心に。

歯科用CTとは

頭頚部のみを撮影するX線装置です。
以前は当院でも近所の提携している医院に患者さんに行って頂き、医科用CTを使っていましたが、細かな情報を必要とする歯科の分野ではもう少し細かな画像診断が必要となる場合がありました。
歯科専用のCTのメリットとして、短時間照射・狭範囲撮影による被曝量の低減、歪みのない高画質な画像で精密な診断をできます。

ProMax 2D/3D

インプラント治療時にCT撮影を行う優位性

骨質、骨幅、骨の厚みを事前に正確に把握できる。

インプラント治療を行うには、
埋入に十分な骨量が必要であり、
少ないのであれば、骨造成をしなければならない。


限られた骨内に正確に埋入するには、事前にCTにてシミュレーションを行い、骨が少ないのであれば、どのような骨造成が必要かを考えます。また、術中においても、指標となるものを入れた状態でCT撮影、分析を行い、埋入する位置、方向、深さなどを確認することにより、より安全に、確実なインプラント治療を行うことができます。

当院では術後にも
本当にシュミレーション通りに
埋入されているのか、を
確認するためにCT撮影を行うことにより、
万全を期す体制で行っています。

危険部位を確認できる。

下歯槽管と呼ばれる下顎骨を走行する太い神経、
血管とその神経の出口であるオトガイ孔を事前に確認できます。
この神経は触るだけでなく、圧を掛けるだけでも麻痺を起こす可能性があるため、注意が必要であり、2、3ミリは安全マージンが必要です。骨が少なくて、神経まで近い場合においては、画像にて確認できる意義が非常に大きいです。

上顎前歯後方にある神経の出口である切歯孔
上顎の前歯にインプラント埋入時に注意しなければならない神経です。
上顎臼歯部の上顎洞と呼ばれる空洞
歯を失うと上顎洞底が下方に落ちてきて、骨量不足になりやすいです。特に日本人は欧米人と比較してもこの骨量が少ない傾向にあり、インプラント治療時には、多くの場合で骨造成が必要になります。
個人差が大きい顎骨の3次元的な形態
元々骨の厚みがないアジア人のインプラント埋入においては、骨量が少なく、形態が不規則な形をしていることが多いため正確に把握することが大切です。
インプラント治療が選ばれる6つの理由
  • 痛みと腫の少ないインプラント治療
  • CTを駆使した的確な診断
  • 高品質な器材・材料の使用
  • オペ室の完備
  • 圧倒的な症例数と実績
  • 徹底した感染対策
tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • ただこし歯科クリニックのインプラント治療が選ばれる6つの理由。
  • インプラント治療が不安な方へ
  • インプラント治療を他院で断られた方へ
ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
24時間オンライン予約