インプラント治療の流れ

HOME>インプラント治療の流れ

カウンセリング・検査
問診、カウンセリング
インプラント治療を始める前には治療計画を立て、口腔内全体の問題を検査し、診断します。
検査
CT撮影を行い、それを分析、シミュレーションし精査します。
CTを導入しましたので、院内での撮影が可能になりました。
3D歯科用CT詳細→
一次手術
治療・歯のクリーニング
奥歯が1本欠損した状態です。
インプラントを埋め込むためのホールを
歯槽骨に形成します。
インプラントを埋め込みます。
インプラント上部にキャップを取り付けて
歯肉で被います。

上顎で3〜6ヶ月、下顎で3ヶ月程で骨と結合します。

ニ次手術
インプラント上部を歯肉から露出させ、歯肉の治癒を促進するための専用キャップを取り付けます。
これを二次手術と言います。
仮歯の制作・装着
歯肉が治癒したら、支台装置(アバットメント)を取り付けます。この時点で仮歯が入ります。
ニ上部構造の作製・装着
上部構造(人口歯冠)を装着した状態。
tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • ただこし歯科クリニックのインプラント治療が選ばれる6つの理由。
  • インプラント治療が不安な方へ
  • インプラント治療を他院で断られた方へ
ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
24時間オンライン予約